Leganya Bali

バリ島の観光地だけではない いろんな写真のブログ

洞窟にあるお寺…

1時間以上マンクーの到着を待ってやっと洞窟にあるお寺に入りました。

中はそれほど大きくなくちょっとひんやり、洞窟の一部が天に抜けていて思いのほか明るく
パユンや祀られているものを空の光が注いで厳粛な趣き、話しをするのもはばかる感じです。


入口を振り返るとこんなです。
FDS_0840.jpg

マンクーが準備を終えるのを座って待ちます。
FDS_0833.jpg

お祈りが始まり洞窟にみんなが唱えるマントラが響いていきます。
FDS_0837.jpg

マンクーから聖水をかけていただきお祈りが終わったので
近づいてちょっと撮影、洞窟はこんな風に天井に穴が開いてます。
条件さえ良ければ日差しが直接洞穴に入り
光の道が出来る時があるかもしれないけど
そんな時はきっと素晴らしい景色になるんだろうと思います。
FDS_0851.jpg

ここでの聖水はドラゴンの口から流れ落ちる水を汲んで使ってました。
FDS_0847.jpg

ヌサ・ペニダにある洞窟寺の「Goa Giri Putri」もいいけど何しろ船を使わないと行けないし
遠いしで行くには大変だけどここは手軽に行けるんでいいと思います。
もし訪れるなら午前の早い時間だとマンクーが来ていない事もありそうなので
時間に余裕を持って行ってみて下さい。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2018/01/21(日) 21:51:24|
  2. 見る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デンパサールの北に…

12月のバリ、アグン山がどうなるか分からなかったんでいつも頼む
バリクツアーズのカーチャーターも決めたのはバリに到着後。

サヌールの海岸からアグン山を望むとカーチャーターの日はこんな感じの噴煙、
バリに行く前には毎日見ていたユーチューブの生中継はちょっと見ない間に
URLが変わっていました。検索ですぐわかりますが。

昼過ぎまでなら空いているという日に無理やり入れた予約で向かった先は
デンパサールのすぐ北、サヌールから40分もかからずに着ける「Pura Keraban Langit」
情報は洞窟にあるお寺という事だけ。
看板を見ると「Obyek Wista」一応ローカル向けの観光地らしいですが。
P_20171216_105648_vHDR_Auto.jpg

数台置ける駐車場に一番乗り、あまり整備されていない感じでここからでいいのかなぁ
という感じで歩いていきます。
FDS_0801.jpg

全く人の気配がないし、もしかしたら外したかななんて気持ちで階段を下りて行きます。
FDS_0802.jpg

洞窟はどこにあるのか探し回るとこの扉の先にあるようで、鍵がかかっていて
外からは良く見えません。ここまで来ても外れ感が少しばかし…。
FDS_0806.jpg

境内をいろいろ見て回っていたらイブたちの集団が境内に下りてきました。
話しを聞くとウブド方面から来たイブたちのようで不在のマンクーに
電話連絡し自分たちはテキパキと着替えて沐浴場に向かって行きました。
一応更衣室の名残的な場所はあるけどほとんどのイブは入り口前で
見事な着替えです。
P_20171216_091029_vHDR_Auto.jpg

FDS_0810.jpg

自分たちはイブたちの沐浴が終わるのを待って沐浴です。
FDS_0815.jpg

境内にいるみんなが沐浴を終えてもマンクーはまだ来ません。
FDS_0823.jpg
いい加減待ちつかれて1時間以上過ぎたころやっとマンクー登場、
扉の鍵を開けて中へと進みます。
そこには…

続きます。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2018/01/16(火) 11:37:00|
  2. 見る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレボン・plebon…

サヌールの海岸沿いにあるお寺でプンデタの葬儀「プレボン・plebon」が行われる
というんでまずはお寺に様子を見に行ったらまだ準備中・・・、
ならばJl.タンブリンガンを市場方向に向かうと途中でプレボンの行列に遭遇です。

この二つのイブたちのグループ、サロンや帯の色が違うのはバンジャールの違いなのかな。
FDS_0739.jpg

これは夫婦を表現しているんだろうけどこのサイズ感のは初めて~。
FDS_0735.jpg

8月にバイパスであった「プレボン・plebon」よりは小ぶりですが立派な白牛です。
FDS_0743.jpg

遺体を運ぶ搭も低いけど商店街を進むので「電線持ち上げ棒」?を使っていました。
FDS_0753.jpg

海岸に到着、ここでは海に正対するように置かれました。
FDS_0767.jpg

儀式は延々と続きそうなんでここらで撮影は終わりにして
スマホとデジタル一眼と撮り比べてみました。
こうして見るとスマホは多少白飛びしてるけどあまり気にならないです。
光学式の手振れ補正は付いているから朝日も撮れるし料理も
雰囲気良く撮れるしでこれじゃ一般の人にコンデジが売れなくなるのは納得です。
FDS_0759.jpg

P_20171213_134021_vHDR_Auto.jpg


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2018/01/10(水) 15:32:00|
  2. ウパチャラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バリでの誕生日…

新しい年も4日目、そろそろ仕事も始まっているんでしょうか。
このブログも再開で昨年の続きで行くとプンデタの「プレボン・plebon」なんだけど
新年早々にプレボンもなんなんで今回もバリで過ごした誕生日ネタから。

誕生日の前日にサヌールに着いて早速「Luhtu's Coffee Shop」で誕生日ケーキを2つ注文です。
一つはシンドゥ市場で毎回お世話になっているイブたちに・・・
親しい人中心に10ピース位に分ければ十分かなと思っていたらなんと
20ピースに分けるなんてことに・・・、イブたちの気遣いのようで一片は2cmもない大きさ。
イブがビールを飲みたかったのかビールを持ってきたけど
ケーキにビールって合わないと思うんだけど。


午後にはやはり世話になっている「Luhtu's Coffee Shop」で…
真ん中の女性がオーナーで8年以上前からのお付き合い、
左がバリクツアーズのけんちゃん、彼とも同じくらいの付き合いで
市場のイブたちやこの人たちがいなかったらバリにサヌールに
これほど来なかっただろうなぁと思う人たちです。
1513233410865.jpg

日を改めて「Luhtu's Coffee Shop」の仲の良いスタッフと誕生日パーティ、
P_20171216_195759_vHDR_Auto.jpg

お店選びは友人任せで行ったのが「Gosha Kitchen Patisserie」、
バリの若い人が良くいく店のようでした。
支払いはバリの誕生日スタイルで自分が払ったけど日本のこの手の店での二人分ほどの値段でした。
P_20171216_195506_MT.jpg

この日、女性の友人から貰った花束。
一瞬仏花なんて思ってしまったけどそこは文化の違い、
気にしませ~ん。
部屋で花瓶の代わりを探すのが大変だったけど。
P_20171216_215336_vHDR_Auto.jpg


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2018/01/04(木) 12:52:51|
  2. サヌール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新しい年のはじめに…

あけましておめでとうございます。
東京は雲一つなく穏やかで気持ちのいい新年を迎えました。
新しい年が皆様に素晴らしい一年になりますようお祈り申し上げます。

2018-1.jpg


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2018/01/01(月) 11:03:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

レガーニャ

Author:レガーニャ
Leganya Bali/ほっとするバリ
                  
バリ島の観光地だけではない
普段のバリの写真ブログです。

コメント頂けると嬉しいです。

写真の無断利用はお断りします。
ご使用希望の方はメールで
お願いします。

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月齢

fxwill.com

Counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード