Leganya Bali

バリ島の観光地だけではない いろんな写真のブログ

プレボン・plebon…

サヌールの海岸沿いにあるお寺でプンデタの葬儀「プレボン・plebon」が行われる
というんでまずはお寺に様子を見に行ったらまだ準備中・・・、
ならばJl.タンブリンガンを市場方向に向かうと途中でプレボンの行列に遭遇です。

この二つのイブたちのグループ、サロンや帯の色が違うのはバンジャールの違いなのかな。
FDS_0739.jpg

これは夫婦を表現しているんだろうけどこのサイズ感のは初めて~。
FDS_0735.jpg

8月にバイパスであった「プレボン・plebon」よりは小ぶりですが立派な白牛です。
FDS_0743.jpg

遺体を運ぶ搭も低いけど商店街を進むので「電線持ち上げ棒」?を使っていました。
FDS_0753.jpg

海岸に到着、ここでは海に正対するように置かれました。
FDS_0767.jpg

儀式は延々と続きそうなんでここらで撮影は終わりにして
スマホとデジタル一眼と撮り比べてみました。
こうして見るとスマホは多少白飛びしてるけどあまり気にならないです。
光学式の手振れ補正は付いているから朝日も撮れるし料理も
雰囲気良く撮れるしでこれじゃ一般の人にコンデジが売れなくなるのは納得です。
FDS_0759.jpg

P_20171213_134021_vHDR_Auto.jpg


スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2018/01/10(水) 15:32:00|
  2. ウパチャラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄の日…

早朝から宿の方が駐車場の前で儀式の準備をしていました。
たしか「鉄の日」(Tumpek Landep)とかで鉄で出来たもの対してお供えを供えています。


村の細い道ではオートバイが何台も並んでお供えが飾れています。
EDS_0550.jpg

さらに包丁にもお供えが供えれています。
EDS_0549.jpg
サヌールに住んでいるバリの人たちもお供えを供えるけどもう少し簡便な感じ。
やはり都会と村の違いかなぁ。

鉄の日という事でホントはこういう作業はダメなんだろうけど見学させてもらった木彫りの工房、
注文が多くて納品が間に合わないとかでせっせと亀の形の物入れを作っていました。
それにしても素足で木を挟んでノミやナイフを使うって見ている方がドキドキ、
ほんの数ミリ、手が滑ってなんてことありそうだけど…。
EDS_0605.jpg


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2017/11/25(土) 21:49:11|
  2. ウパチャラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海岸沿いのお寺へ…

Jl.By Pass Ngurah Raiを歩いてきた一行はJl.Matahari Terbitに入り海岸に向かい
火葬するお寺、「Petunon Desa Ada Sanurに」到着です。
EDS_0345.jpg

途中の様子はビデオで…。


白い牛の背中が開けられ棺が運び上げられるの待つ人々、
かなり重いようで大人数で持ち上げてました。
気になっていたかごの中の鳥、棺が収められたあと無事に空に放たれ天高く飛んで行きました。
(焼き鳥にならなくて良かった)
EDS_0407.jpg

この先は以前ウブドで行われた葬儀でちょっと衝撃的なシーンを見ているんで
白い牛に火が放たれた所でこの葬儀の見学を終えました。
(バナナの木で牛の脚周りを囲んでいるのは衝撃的シーンが見えないようにかな。)
EDS_0444.jpg
途中の行列は初めて見た人などなら葬儀と思えない華やかさでいいけど
やはり火葬のシーンは「ん~ちょっと」…。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2017/11/10(金) 21:05:11|
  2. ウパチャラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと出発…

高僧が白牛(プトゥラガン)の傍らに座りこちらは出発の準備が完了です。
EDS_0283.jpg

続いて遺体を火葬場まで運ぶ搭に棺が運び上げられます。
この金ぴかで両端が丸く持ち合上がった形の棺は初めて見たけど高僧だからかな?。
EDS_0286.jpg

ウブドの王家の時ほどの高さはないけどやはりかなり高いです。
ウブドのように電線を外すことはしないで棒で電線を持ち上げていたけど
持ち上げきれずに切れてしまった電線も。
EDS_0315.jpg

パラダイスプラザとKFCの交差点では「プトゥラガン」を激しく廻しています。
EDS_0324.jpg

ここまでの様子はビデオも参考にというかやっぱりこういうのはビデオの方が分かりやすいな。


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2017/11/06(月) 11:27:34|
  2. ウパチャラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バイパス閉鎖…

ガベンが行われるというバイパスに出てどこかなとみるとすでに車が渋滞しているんで
その方向に進むと遠目からでもわかる立派なプトゥラガン、白い牛なんで高僧の葬儀のようです。
高僧だと葬儀もガベンとは言わずプレボンという事だけどバリの人もガベンともプレボンとも
言っていたのでガベンで書き進めます。


この後燃やされるのがもったいないほど良く出来ています。
EDS_0252.jpg

遺体を運ぶ搭パドマ、高僧の遺影が飾られています。
EDS_0228.jpg

いつ始まるか分からない中木陰で休んでいる人にいろいろガベンのことを聞くと
この方は3カ月ほど前に亡くなった方とか、
手伝いに来ている男性陣が揃いのポロシャツを着ているんで
誰が揃えるのかと聞くと亡くなった方の家族が用意するって事。
2,000着以上用意するんじゃないかなって話。話し半分でもすごい数です。
さらに女性が着ている揃いのサロンやクバヤも用意するそうで、
当然返却するなんてことはないのでそのまま持ち帰りだそうです。
この衣装代だけでも数十万円はかかるように思うけどここまで用意するとは…。
高僧と付き合いのあるスポンサーがかなり負担するらしいって話だったけど。
サヌールだけでなく近郷近在から縁のある人々が手伝いに来ているようです。

パドマに遺体を運び上げるスロープが付けられていよいよ葬儀が始まります。
EDS_0240.jpg

行列に並んでいるイブたちの笑顔、この笑顔だけ見たら普通は葬儀だとは思えないけど…。
EDS_0268.jpg

バイパスの片側2車線を完全に通行止めにして整列、そろそろかと思って後方を見ると
まだ準備が終わっていない様子…、歩き始めるまで長いです。
EDS_0271.jpg

続きます。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2017/11/01(水) 12:10:46|
  2. ウパチャラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

レガーニャ

Author:レガーニャ
Leganya Bali/ほっとするバリ
                  
バリ島の観光地だけではない
普段のバリの写真ブログです。

コメント頂けると嬉しいです。

写真の無断利用はお断りします。
ご使用希望の方はメールで
お願いします。

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月齢

fxwill.com

Counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード