Leganya Bali

バリ島の観光地だけではない いろんな写真のブログ

タナロットへ…

前回はバリ島での詐欺情報を緊急でアップしたので今回からまた今年の3月の
ムラスティの続きになります。

なんか間延びしちゃってイメージが薄くなってきた感じですが…。
なにしろ5月の渡バリ事態が予定外だったんでもうすこし3月のニュピ前後の様子が続きます。


タナロットへのムラスティ、途中のお寺で休憩後ランダやバロンが急な階段を
手を添えられて下りていきました。
炎天下被り物をして歩き通しで大変だと思うのに途中で交代した様子もないし
やはり特別な力を感じてのでしょうか。
CAB_4025.jpg

神輿も延々と運ばれます。


タナロットに近づいてくると疲れからか歩きもバラバラ、
途中のワルンやコンビニに入って休憩する人もちらほら。
CAB_4036.jpg

やっとタナロットに到着、
多くの観光客がカメラを向ける中さらに海岸に向かって歩みを進めます。
CAB_4044.jpg

後から後から老若男女多くの人々が押し寄せてきます。
CAB_4048-1.jpg


続きます。
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2017/05/25(木) 11:25:51|
  2. ウパチャラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タナロットへ…

友人の村のお寺に入ると白いひげが立派なマンクー、
肌艶なんかみると若そうなんだけどいくつ位なんだろう。
CAB_3871.jpg

境内にはタナロットに持って行くお供え物が準備されています。
CAB_3893.jpg

時間になり出発です。
CAB_3898.jpg

他の村からの行列とかち合ってちょっとした通勤ラッシュ状態。
CAB_3925.jpg

炎天下黙々と歩いていきます。車は行列が通り過ぎるまで完全にストップです。
CAB_3945.jpg

途中のお寺「PURA BALE AGUNG」にここまで運ばれて来たバロンやランダを
一時安置します。
CAB_3972.jpg

方々の村から運ばれたバロンが所狭しと並んでいました。
CAB_3985.jpg

昼食休憩という事で2時間ほど休憩したあと再度出発です。
CAB_4002.jpg

一層行列の人が増えゾロゾロとタナロットに進んでいきました・・・。
CAB_4006.jpg

写真はまだ続きますがとりあえずタナロットまでのダイジェストビデオです。




テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2017/05/08(月) 20:36:22|
  2. ウパチャラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Melasti…

3月のニュピの少し前、市場のイブに実家の村で行われる「Melasti」ムラスティに
誘ってもらったんで行ってきました。

イブの実家はタナロット寺院の近くの村、村からタナロットまで歩いて行くっていうんで
ざっと調べると7km近く・・・。この距離を正装でしかもゴム草履で歩いていきます。

サヌールからイブの村までバイクの後ろに乗せてもらって小一時間、
途中混雑に合わないようにと朝早く出発…早く着きすぎでした。
それにしても女性が運転している後ろに座るのはうちももがお尻に触らないように
かと言って広げ過ぎるとすり抜ける時にぶつけそうだしで結構疲れます。

出発まで村の朝市をブラブラしていると
CAB_3822.jpg

トラックに載せられたランダや
CAB_3825.jpg

バロンが続々通ります。この席気持ちよさそ~。
CAB_3837.jpg

トラックの荷台にびっしり、
満員電車並みの乗車率だけどつり革もないし真ん中は大変だろうなぁ。
CAB_3832.jpg

さらに後続にバイクの集団です。
CAB_3841.jpg

歩いて行くのが無理な村からはこんな方法で行くみたいだけど
分かれ目はどのくらいの距離なんだろう…。

時間になりまず村の寺「PURA CIWA」にお参りです。
寺の入口にあったドレスコード、
半袖とスリットの入ったサロンはダメという看板です。
CAB_3881.jpg
肌を露出し過ぎないようにという事なんだろうけど
長袖でも肌が透けてみえるようなクバヤのイブもみかけるけど
これはOKというのもなんかなぁ~。

続きます。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2017/05/05(金) 19:51:41|
  2. ウパチャラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多生の縁、再び・・・

昼ごろに全く見ず知らずの方の結婚式で食事を頂いた日の夕方
サヌールのJLタンブリンガンを自転車で走っていたら今度はポトンギギの看板が…。
看板をよく見ると提供名に銀行が書いてあるのでかなりのお宅のお子さん?
P1000236.jpg

男性一人と女性三人のポトンギギみたいで結婚式同様前撮り写真が飾られていました。
P1000237.jpg

ここでも結婚式同様写真を撮っていると食事をして言ってと言われたので今回はすんなり
中に入って食事をさせてもらいました。
入口に寄付金箱があったので寄付をしようとしたら一瞬戸惑った顔で周りの方と
目くばせ、そのあと笑顔で受けいれてくれました。
その辺の仕来たりはほんとはどうなのかわかりません。

中に入るとまずはお菓子がたくさん並んでいました。
P1000240.jpg

お菓子を取り終え奥に進んでいくと奥にも前撮り写真が飾ってあります。
IMG_20160710_160558.jpg

お菓子を食べているとイブたちが色々話しかけてくれてポトンギギの様子が少しずつ分かってきました。
男性が16歳で女性は18歳ということなのでまだ高校生かな、昼の方々に比べずいぶん若いです。
儀式自体は終わってしまっていて招かれた人たちはおしゃべりの時間だったようで、まぁ賑やかです。
P1000242.jpg

お菓子を食べ終えると今度は食事をしてと言われたので夕食替わりにとしっかり頂きました。
この場所はホテルの裏庭的な場所なのでホテルで料理を作っているのかかなり美味しい味でした。
P1000246.jpg

どんどん追加される食べ放題の食事に
P1000245.jpg

ポトンギギの立派な招待状…
P1000244.jpg

帰るときにもアクアとみかんとアイスのセットが沢山、まだまだ大勢来るんでしょうか、
ついお金の心配をしてしまいます。
P1000249.jpg




テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2016/08/27(土) 11:35:59|
  2. ウパチャラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多生の縁・・・

デンパサールに自転車で行くときいつも通る道で結婚式を行っていました。
会場の入り口には派手な飾りつけ、道路はテントが張られていて通行止めです。


結婚される二人の名前と「SANBE VISION」は看板提供会社名かな?
P1000184.jpg

結婚式前の先撮り写真、いい雰囲気に撮れてます。
P1000197.jpg

結婚式の会場に入れ切れない人のためにかテレビ中継されてました
P1000183.jpg

新郎新婦が座る椅子、二人密着で座ります。
P1000178.jpg

写真を撮っていたら「ご飯を食べていって」と何度も言われるんで2回ほど断ったけど
さらに言われたのであまり断り続けるのもなんなんでご馳走をいただきました。

友人のバンジャールの近くなので知っている人がいるかと見まわしたけどだれもいないし
見ず知らずの人の結婚式で食事をして帰るっていうのはどうなんかなぁと思いつつ
だいぶ遠慮気味の食事です。
こうして写真を撮るのも前世からの縁、「袖振り合うも多生の縁」ということなんでしょうか。
P1000185.jpg

着飾った男女が3組いたので合同結婚式かと思ったら真ん中の二人が新郎新婦でほかの二組は
ポトンギギを済ませたということ、着ている衣装の飾りつけは同じみたいだけど・・・。
P1000222.jpg

式の後新郎の実家?にみんなで入って行く様子を撮って撮影はここまでです。
P1000230.jpg

家の入り口の置かれたチャナンには水で丸く円が描かれていました。
どんな意味があるのかなぁ…。
P1000235.jpg
参列するならやっぱりガベンより結婚式の方が楽しそうでいいです。
婚約している知り合いはいるけど聞いてもいつ結婚式をするか
分からないって言うし、二人だけで決められないから仕方ないけど
ちゃんとしたした写真が中々撮れない。







テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2016/08/23(火) 11:37:18|
  2. ウパチャラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

レガーニャ

Author:レガーニャ
Leganya Bali/ほっとするバリ
                  
バリ島の観光地だけではない
普段のバリの写真ブログです。

コメント頂けると嬉しいです。

写真の無断利用はお断りします。
ご使用希望の方はメールで
お願いします。

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月齢

fxwill.com

Counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード