Leganya Bali

バリ島の観光地だけではない いろんな写真のブログ

儀式の始まり…

新婦の自宅の庭に設けられた儀式の会場、コンクリートの床に竹を編んだものとカーペットが
敷かれ天幕も張られています。
P_20170514_123755_vHDR_Auto.jpg

室内にもお供えが用意されてました。


結納の品的な物でしょうか、ドゥーパと大量の穴あき銭が用意されてます。
この前でのマンクーのお祈りが終わると、
DCA_5190.jpg

その後親族?バンジャールの人?か分からないけど
左右に分かれて座っている人たちからの挨拶が始まります。
一人一人の挨拶がホントに長~~~い。
始めは正座していた新婦も我慢しきれず脚を崩しています。
P_20170514_133719_vHDR_Auto.jpg

長~い話しが続いている間に新婦は結婚証明書にサインをしています。
よく見ると新郎のバンジャールに出す書類のようでさらに結婚式は17日と書いてあります。
という事はこれはなんという儀式になるんだろう。結婚式に付随する重要な儀式なんだろうけど。
DCA_5246.jpg

挨拶も何となく終わりの雰囲気になってきて新郎の父から新婦側に
結納品的なものが渡されます。
DCA_5254.jpg

新郎からも新婦側に同じように贈り物を渡しここでの儀式を終えても休む間もなく
2人は次の儀式に進みます。
DCA_5258.jpg
天幕はあっても暑いし緊張もあるだろうしお腹もすくだろうしで新郎新婦はホントに大変そうです。

スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2017/08/01(火) 11:35:47|
  2. ウパチャラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<結婚の儀式… | ホーム | 結婚式…>>

コメント

こんばんは!
今回の記事に出てきた書類ですが、バンジャールと両家親族が、この結婚を認めましたという証明書類になります。新婦を引き受ける新郎側の条件(新婦側の親族が娘を渡すのに納得ができる内容)なども折り込まれています(そういう内容をあの場でバンジャールのお偉いさんが仲裁に入りながら、両家親族代表が審議をしています)。
なので、基本的には結婚式本番前に、まずはこの書類を作ることになります。
そう書くと何だか身内にだけに重要で、公には権限のない書類のように感じますが、宗教がバリヒンドゥーの場合は、この書類がないとお役所に入籍届けを受理してもらえないので、結婚証明書も発行してもらえません!なので、結婚に関してはかなり重要な書類になります(^^)/

旦那と私は、この書類で入籍ができたと思ったまま(まさしく結婚証明書だと勘違い笑)、日本へ行ってしまい・・・バリに帰って来る14年以上もの間、バリで入籍をしていないなんて思ってもいませんでした~(笑)最初のKITASを取る時に初めて入籍をしていなかったことを知りました・・・(汗)旦那の家族よ!それ教えてよ~です(笑)まぁ、今となっては解決済みなので良いのですけど(^▽^;)
  1. 2017/08/01(火) 22:28:29 |
  2. URL |
  3. シロブチ #-
  4. [ 編集 ]

シロブチさん こんにちは。
色々と情報ありがとうございます。
何度もバリに行っているのに結婚式に出たのは初めてで???の連続でした。
バリでは若い二人の意向より親とかバンジャールの意向で色々面倒なこともあるんでしょうね。
嫁入りって言葉そのままに旦那の家族の一員になる感じですね。
  1. 2017/08/02(水) 15:52:22 |
  2. URL |
  3. レガーニャ #PTRa1D3I
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://leganya.blog50.fc2.com/tb.php/1262-9a0bca40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

レガーニャ

Author:レガーニャ
Leganya Bali/ほっとするバリ
                  
バリ島の観光地だけではない
普段のバリの写真ブログです。

コメント頂けると嬉しいです。

写真の無断利用はお断りします。
ご使用希望の方はメールで
お願いします。

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月齢

fxwill.com

Counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード