Leganya Bali

バリ島の観光地だけではない いろんな写真のブログ

3月のサヌール…

前回まででインパクトがあったムルカットなどの記事を終えたので
今回からは(今さら感はあるけど備忘録的な部分もあるんで)ムラスティやオゴオゴなど
ある程度日程順にアップしていきます。

サヌールの海岸から眺める3月の日の出、
残念ながらこの時期はロンボクの島影から朝日が昇ってくるんで
今一つ感動が薄くちょっと残念、やはり水平線からの日の出にはかないません。


数年前からバリでもよく見かけるようになった「ドローン」、
どんな景色が撮れるんだろう、面白そうだけど「ドローン」もやり始めたら
さらに荷物が増えそうなんで今は我慢。
FDS_0978.jpg

海岸沿いを歩いていたら日の出と日の入り時間などが書かれている看板。
しかも潮の干満も書いてあるんで潮遊びにも役立つし、
サヌールの朝日を見にくる観光客にはありがたいです。
でも店が開いていれば入ろうかという気になったとしてもまだ開いてません。
FDS_0970.jpg

毎年巨大なオゴオゴを作るJl.シンドゥのバンジャール、
昨年から作り方を変えたのか今年もいたってシンプルな構造、
竹の骨組みにそこら辺から持ってきたヤシなどの葉っぱで覆うだけ。
P_20180312_174050_vHDR_Auto.jpg
制作中はなんかしょぼいなぁと思ったけど、

完成品はそれなりに「面白いんじゃない」という出来栄えでした。
FDS_0989.jpg
予算が少ないってことだけどそれなら頭を使えってとこかな。

スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2018/04/24(火) 11:26:40|
  2. サヌール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間があれば…

前回のブログの写真で、看板に書かれていた「GOA GARBA」の下に
続いて書かれていた「PURA PENGUKUR-UKURAN」
どこにあるのかと思っていたらすぐ隣でした。


お寺の入り口には立派なドラゴン。
ある人にドラゴンが身を守っていてくれるみたいな事を言われているんで
ちょっと気になります。
FDS_1513.jpg

お寺に入るまでのアプローチが長いんでそれに合わせてドラゴンもなが~い。
それともドラゴンに合わせてなが~くしたのかな。
FDS_1510.jpg

最初の割れ門を入ると広々とした境内。
FDS_1511.jpg
やはり「GOA GARBA」と密接な関係があるようで巨人の「KEBO IWA」も関係する
12世紀ごろ作られたというお寺だそうです。
さらに先に割れ門があってその先を見てみたかったけど次の予定があったので
残念ながらここでUターン、時間があれば寄ってみるのもいいかも。


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2018/04/18(水) 11:05:05|
  2. 見る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「GOA GARBA・・・

バリクのカーチャーターの日、ワイルドなムルカットな「Pura Taman Pecampuhan Sala」に
行く前に「GOA GARBA」に寄りました。「胎内」とでも訳せばいいのかな。

FDS_1474.jpg

ここもあまり情報がなくバリクのけんちゃんも初めての場所、
入り口が二ヶ所あって一つは鎖で塞がれていたんで何もない方から
緩い坂を下りて行きます。
FDS_1475.jpg

遺跡が見える場所まで来るとまわりの気で鳥肌が…。
FDS_1476.jpg

写真では分かり難いけどかなり急で一つひとつの段が
かなり高い階段があります。
FDS_1477.jpg

その脇には以前訪れた「Candi Tebing Tegallingah」と同じような
瞑想をする場所と思われる所があり、脇を聖水が流れ落ちています。
ここも何世紀も前に作られたんだと思うけど何も案内がないんで不明です。
FDS_1486.jpg

急な階段を登って(普通は上るだけど登る感じなんでこの字)右手に行くと
FDS_1490.jpg
(ここを通ることで「胎内」を表しているのかな。)

二本の古木、その下にわずかだけど流れ落ちる聖水があり
いい気を醸し出す場所だったけど次の場所でムルカットを
するんでここでは手を清め聖水を口に含んで祈るだけ。
FDS_1494.jpg

この日、次に行った「Pura Taman Pecampuhan Sala」があまりにもインパクトが強かったので
ここのイメージが薄くなってさらっとした内容たけど「Goa Gajah」から車で10分ほどで行ける
静かで瞑想に適した場所です。
階段の中で瞑想したらどんな思いがするのか気になる・・・。


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2018/04/13(金) 11:57:12|
  2. ムルカット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最後はのんびり…

最後にムルカットをする場所に入って右から順番にムルカットをしていきます。
訪れる人も少ないしゆっくりムルカットしたあと淵に腰かけて
露天風呂のようにのんびりできます。


一連のムルカットを終えて最後にマンクーから聖水を頂くために
乾いた正装に着替えます。
左側の小屋が女性用更衣室、右側にずらっと並んだロッカーがあるけどこの数を見ると
何かの儀式のときは相当混みそうです。
FDS_1635.jpg

立派なガネーシャ像の前で聖水を頂きその後いつものように寄付金箱に寄付をし、
流れのはやい川の中を手を取って先導してくれたガイドさんの料金はと聞くと
無料という事なのでほんの少々お礼を渡しました。
すごく喜ばれたけどほかの人たちは渡さないのかなぁ・・・。
一日中ここにいるのか分からないけどこの方の収入が気になる所です…。
FDS_1631.jpg

山肌に見えていたドラゴンのお腹の部分、気になる頭部はシワ神の後ろにありました。
口の中を覗いてみると水が溜まっているだけで中に入れるようにはなっていないようでした。
FDS_1638.jpg

ここ「Pura Taman Pecampuhan Sala」事前に調べた時と実際に行って見た時との
ギャップがかなり大きかったです。あの川の流れの中で写真を撮るなら防水カメラを
用意しないとという感じです。動画だったらもっと厳しさが出るんだろうけど。
まぁムルカットするには本来カメラは不要なんですけど。

これから乾季に向かい水量が減れば多少楽に川の中を歩けるとは思いますが
突然の雷雨で増水するなど危険が増す事も考えられるので行かれる時は
十分注意して行ってください。


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2018/04/08(日) 12:47:30|
  2. ムルカット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイナスイオンたっぷり・・・

最初にムルカットをした場所は二つの川の合流点にあって
まずは右側の川をさかのぼりそこでムルカットを終えた後は
最初の場所の前を通って今度は左側の川をさかのぼっていきます。

こちらは緩やかなのかなっと思っているとやはりなかなか厳しい流れです。


途中真っすぐ立てないほど低くて狭い暗いトンネルを手探り足探りで抜けた先に
4番目の場所がありました。
FDS_1584.jpg

滝から吹く風に乗ってマイナスイオンたっぷりです。
FDS_1594.jpg

川をさかのぼった時より何倍も気を使ってやっとまともな最初の場所に戻ってきました。
ここまでの時間を見たら約35分掛かっていました。
かなり大変だったからもっと時間が掛かっているかと思ったけど意外と早かったかな。
FDS_1599.jpg

最後にムルカットをする場所はよく見かける形式の場所、
頭上の鐘を鳴らしてから入って行きます。
(初めて見たけど神社の鈴みたいなもんかな?)
FDS_1521.jpg
中に入ると穏やかな空気にホッとします。


続きます。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. 2018/04/03(火) 13:12:50|
  2. ムルカット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

レガーニャ

Author:レガーニャ
Leganya Bali/ほっとするバリ
                  
バリ島の観光地だけではない
普段のバリの写真ブログです。

コメント頂けると嬉しいです。

写真の無断利用はお断りします。
ご使用希望の方はメールで
お願いします。

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月齢

fxwill.com

Counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード